記事一覧

「シャネル」の名香『N°5』にオマージュを捧げた、象徴的なハイジュエリー

1921年、ガブリエル シャネルが創った香水『N°5』。100年の時を超えても変わることのないその魅力を、眩いばかりの煌めきで表現するハイジュエリーコレクションが発表されました。

豊かな創造性と希少な香料を用いた名香にふさわしく、最高品質のジェムストーンをあしらいアイコニックなモチーフに新たな息吹をもたらす至高の輝きをご紹介します。



ネックレス『55.55』[WG×ダイヤモンド]/非売品(シャネル)(C)CHANEL
香水『N°5』の100周年を迎えた今、「シャネル」の香りとダイヤモンドの歴史に新たな1ページを刻むスペシャルなネックレス。

センターストーンは55.55カラットという象徴的な重さに加えて、最高品質のDフローレスという希少なエメラルドカット。ロンハーマンネックレスダイヤ 偽物さらに香水ボトルのアウトラインをバゲットカットで、香り立つ滴を大粒のペアシェイプの煌めきで包む。



ガブリエル シャネルは数多くの「初めて」を創造した女性。ジャージードレス、ツイードスーツ、リトル ブラック ドレス…といったスタイルで女性たちの装いを変えたことは、よく知られています。 

1921年に誕生した『N°5』もそのひとつ。女性クチュリエが手掛けた初の香りでした。その発想は「女性そのものを感じさせる、女性のための香り」というもの。それまでのように特定の花の香りが立つのではなく、「抽象的」な概念を香りで表現するという革新的なスタイルでした。 

まるでクチュールドレスをつくるかのように、80種類以上もの希少な花のエッセンスを使用。そこに合成香料、アルデヒドを大胆に用いることで花の香りが際立つ、これまでにない豊かな香りが完成したのです。 

ネーミングやボトルも斬新。ロシア皇帝の専属調香師だったエルネスト ボーが提案した試作品のなかから迷うことなく選んだ「5番」目の香りから命名されたとも。ボトルもシンプルを極めたフォルムでした。 

そしてもうひとつ、「シャネル」を語るうえで欠かせない「初めて」といえば、1932年の「ダイヤモンド ジュエリー」の発表。クラスプのないネックレスをはじめ、新しいつけ方を提唱し、その後のジュエリーのコードを変えた出来事でした。 

今回『N°5』の100周年を祝ってつくられたハイジュエリーは、このふたつの世界を繋ぐもの。スーパーコピーブランド専門店テーマとなるのは幾何学的な「ボトル」やヴァンドーム広場やエメラルドカットを想起させる八角形の「ボトルストッパー」、存在感のあるフォルムの数字「5」、香料となる美しい「花」、そして肌の上で揺らめき続ける「残り香」。

象徴的な5つの要素を極上の輝きに変えたジュエリーを通して、『N°5』が100年を超えて愛される秘密に触れることができるのです。

【おすすめの関連記事】:http://distractions.top

コメント一覧